blog開設(試行)

2020/05/08

新しいBlogの開設 (試行錯誤)

Webサイトの更新のたびにHTMLでページを作成していましたが、内容を書いている時間よりも、更新のためにかけている時間のほうが長くなってしまい、肝心な内容のほうがおろそかになりつつありました。

Bloggerのブログも使って、メインサイトに乗せるためのドラフトを載せたりしていましたが、結局HTML5に変換するときにいろいろと不都合があってすっきりしません。

そういった背景で、サイトを作成・管理する手間を何とか少なくするために新たなBlogにチャレンジです。

続きを読む

2020/05/07(木)Markdownでの入力設定下での HTML5での入力

情報不足で確認できていないお話です。

Mike Pass さんのタイの蒸気機関車のレポートには、SRJで使われていた蒸気機関車のリストが示されています。
その中にLima社製のShay式機関車が挙げられています。
それによると、1946にS.L.Sのメンバーが調査した際に、ボイラーのみ存在しており、ボイラーのプレートから、この機関車のものだと確認されたとあります。 なぜ、そこにあるかなどは記述がありません。

この機関車については、Mike Passさんのレポート以外には、この鉄道との直接の関連を示す資料は現在のところ見つけていません.

ここでは、その機関車に関して自分なりに調べたことを記します。


<Lima社 Shay式機関車のデータベースより>

Lima社の機関車を調査しているグループのWebsite 「SHAY LOCOMOTIVE」 https://www.shaylocomotives.com/ によると、Mike Passさんのレポートにある機関車は以下のものに該当するようです。

上記サイトのデータベース情報から、Lima社のShay式の機関車の製造No.2808と尾も合われます。この機関車はSRJと同じ750㎜ゲージで、タイ(Siam)のBorneo Lumber Company に販売されています。 >==== ちなみに、Borneo Campany はChaingmai地方で森林開発を行っていたこともあり、そちらの地方で使われていた機関車である可能性もあります(要確認。LampangやWankapiには750㎜ゲージの鉄道がありました) 直接、SRJに投入されたのか、いったんBorneo Lumber Company の別の場所で使われるために売られた後、Srirachaに持ち込まれて使われるようになったのか、といったことが推定されます。 別資料等で確認できていませんが、その可能性は高いと考えています。

データベースにはこの機関車の小さな写真があります(後述)。

  1. メーカー: Lima
  2. 形式:2 Trucks 2 Cylinder (クラス A)
  3. 製造番号: 2808
  4. 製造年: 1915/2/12
  5. 所有者(販売先): Borneo Lumber Company (Siam)
引用元:https://www.shaylocomotives.com/data/lima3354/sn-2808.htm

<写真情報>

Sriracha lover clubの写真には、SRJの機関車であると記載されているものがあります。

この写真を見ると、クラスAのShay式である車軸配置をしているようにも見えますし、Lima社製の機関車のデザインに似ています。(先頭にあるボイラーの扉など) この機関車は、SRJのNo.がついた機関車のいずれでもないようです(書籍「The Railways of Thailand」R.Ramaer著など)。 また、上述のShay Locomotiveのデータベースにある No. 2808の写真とよく似ているようにも見えます。 この写真がSrimaharacha companyの鉄道を撮影したものであるならば、写っている機関車は、上述のLima社Shay式機関車という可能性が高いと思います。

ただし、明確に確認できるだけの情報がなく、要調査です。

(以下、調査のためのメモ)

  • 特徴的なシリンダー部がある車体の右側が見えていないこともあり、この写真の機関車自体がShay式なのかどうかも明確でない
  • 写真の撮られた時期も不明。時期的に成立しているか要確認。
  • この写真がSRJの機関車を撮影したものだであるとすると、製材所内で撮影されたものではないかと思われます(後ろの架台や、木の状況から)
  • 1946年にはボイラーのみとなっていることから、写真はそれ以前に撮影されていなければならない。
  • 車体先頭のボイラーのところのデザインや、薪が置かれているところ (車両後方)のデザインなど、SHAY式の機関車とよく似ている(阿里山の機関車とも似ています)


<とりあえず、まとめ>

上述のようなことについて確認が必要ですが、SRJに存在していた機関車である可能性は高いと思います。。 もしそうならば、なぜSRJのNoがついていないのかという新たな疑問が残ります。
部品取りのような役割で運び込まれたのであれば、No.がついておらず、ボイラーのみ残っているというのもわからなくもないですが、想像の域を超えません。

<その他>

台湾の阿里山でもLima社のShay式機関車が運用・保管されいています。 2 truckタイプの機種は、上記の写真の機関車によく似ています。 昔の阿里山の鉄道の写真や、現在の機関車のデザインをみると、上述の写真のものとの類似点がおおくあり、やはり写真の機関車はLima社のSHAY式 (= リストのNo.2808)ではないかと思えてきます。

引用元: Mike Pass さんはアジアの蒸気機関車の情報をレポートにまとめられている方です。このサイトの情報もこのレポートを参考にさせていただいていたり、了解をいただいて引用させていただています。


2020/05/07(木)Markdownでの記事作成テスト

見出し Markdownでの記事作成

- Markdownでの記事作成について

- HTML5に変換されるのか?

- 結果

Markdownでの記事の作成について

マークダウン記法で記事を作成できるのであれば、それに越したことはない。
MERYで書いた記事をそのままWeb上に載せられる。 *1

adiary_main_Kho_loy.png

HTML5に変換

一度Webに挙げた記事がHTML5で表示されるのであれば、
それを親サイト Sriracha Locoにそのままコピーすればいいのだから、、

divを入れたらどうなるか。この前には改行入れていない。 この行の後には改行タグ入れてみた
 どうなったかな?

結果

どうなったかな?

adiary_main_Kho_loy.jpg

comparison_details_aerial_photo.png

見出しがいまいちか? h2タグがどこで使われているのか?

cssのどこに書いてあるのか調べるのも大変そう。 ### 見出し3 Chapter ・見出し3の文章
[image:L::ICON GREEN2 with smoke.png:ICON GREEN2 with smoke.png]

comparison_details_aerial_photo.png

見出し3 Chapter

・見出し3の文章

見出し4

 見出し5 どうなる?

midasi 6

見出し2

*1 : Adiaryが安定て動作するのであれば、Websiteのエディタにしてもいいくらいかも

見出し1

見出しはカスタマイズしたほうが良いかもしれない

↓ここからは、HTMLタグでの見出し

見出し3 Chapter 

・見出し3の文章

6666 見出し6
##### 見出し5 どうなる?

見出し4

## aaa 見出し2

見出し1 #